メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

キャンドルイベント 知事が初参加 「戻りたいと思える地区つくる」 倉敷・真備町 /岡山

 西日本豪雨で甚大な被害が出てから7カ月が経過した倉敷市真備町地区にある倉敷市役所真備支所で7日、復興を願い住民らがキャンドルをともすイベントがあり、伊原木隆太知事が黙とうし献花した。

 被災翌月の昨年8月から毎月開催されており、7回目。知事の出席は今回が初めてで、1月のイベントの映像を見て主催者側に参加の打診があったという。

 午後7時からのイベントで、知事と住民らは黙とう後、順番に並んで献花台に花を手向けた。並べられた32…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです