メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
ゆるキャラ

ちぃたん☆活動停止申し入れ問題 市長「信頼完全に失った」 運営元「須崎市は許可不要と回答」 /高知

認識に食い違い?

 須崎市のキャラクター「しんじょう君」の著作権を侵害しているとして、市が類似するゆるキャラ「ちぃたん☆」を運営する芸能プロダクションに対し、ちぃたん☆の活動停止を申し入れたことについて、運営元の「クリーブラッツ」(東京都)は8日、社の見解を発表した。ちぃたん☆の制作過程で複数回、市の担当者にデザインを確認してもらっていると主張。「須崎市の権利を制限する意図はない」としている。一方で市は同日、見解を受けて楠瀬耕作市長が「当初一定の便宜は図ったが、著作権侵害まで認めていない。独善的な数々の行為で信頼は完全になくなった」などと反論するコメントを出した。【松原由佳】

 クリーブラッツによると、ちぃたん☆のモデルとなった同名のコツメカワウソが須崎市の観光大使に就任する…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです