メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パネル展

心の傷を理解して 被害者遺族らの手記展示 長崎市立図書館 /長崎

 県内で起きた事件や事故で肉親を失った遺族の手記などを紹介するパネル展が、長崎市興善町の市立図書館で開かれている。心の傷を抱えて生きる苦しみや、支援について知ってもらおうと県警が主催した。15日まで。観覧無料。

 亡くなった7人の遺族8人が、故人の写真などを添えた手記を寄せた。このうち、対馬市で2016年12月に起きた放火殺人事件で夫と娘を失った女性は、「…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです