メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

山口県防府市の牟礼小4年の…

[PR]

 山口県防府(ほうふ)市の牟礼(むれ)小4年の安村恒輝(やすむら・こうき)さんはその本の写真に目を見はった。自分のような男の子が川の上に張られた2本の綱につかまりながら宙を渡っている。本の題は「すごいね!みんなの通学路」だった▲これはフィリピンの光景で、隣にはやはり竹ざおを伝って川を渡るインドネシアの写真もある。世界の通学風景を集めたこの本には、高い崖(がけ)をはしごで登る子、水を入れたたらいを頭に登校する子、自分たちの机を運ぶ子の姿もある▲なかには津波で被災した町を通学する日本の子どもの写真もあった。学校へ行くのは当たり前と思っていた恒輝さんはすさまじい通学風景を見ているうちにむくむくと頭に疑問がわき上がった。「みんな、なぜ学校に行くんだろう」▲恒輝さんが書いた感想文「夢をかなえるために」は青少年読書感想文全国コンクールで毎日新聞社賞を受けた。その感想文は、子どもが教育を受ける権利を命がけで訴え、ノーベル平和賞を受賞したマララさんの言葉を引用している▲「一人の子ども、一人の教師、一冊の本、そして一本のペンが世界を変える」。恒輝さんは「なぜ学校に行くんだろう」と考えるうち、兄の勧めでマララさんのことを書いた何冊もの本を読んだ。疑問の答えはその言葉に潜んでいた▲最近の恒輝さんはお医者さんになる夢をお母さんに話し始めた。途上国の実情を知り、自分にできることを考えたからという。みんなが学校へ通うのは、いつの日か「夢をかなえるために」だと分かったのだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです