新元号

皇太子さまに報告 公表直前 改元手続きは前例踏襲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新元号の選定手続き
新元号の選定手続き

 政府は8日、皇位継承に伴う新元号の選定手続きについて、1989年1月の「平成」への改元手続きを踏襲することを決めた。菅義偉官房長官が議長の「元号選定手続検討会議」を持ち回りで開いて決定し、この日の閣議で報告した。4月1日の新元号公表に向けた政府内の選定作業が本格化する。政府は、新元号の公表直前に、天皇陛下だけでなく皇太子さまにも新元号を報告することを検討中だ。

 検討会議は菅氏のほか、西村康稔、野上浩太郎、杉田和博の3官房副長官▽古谷一之官房副長官補▽横畠裕介内閣法制局長官▽山崎重孝内閣府事務次官--の計7人で構成。菅氏は記者会見で、改元の政令を4月1日に閣議決定した上で、国民に周知する公布も同日に行うと表明した。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文834文字)

あわせて読みたい

注目の特集