メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

皇太子さまに報告 公表直前 改元手続きは前例踏襲

新元号の選定手続き

 政府は8日、皇位継承に伴う新元号の選定手続きについて、1989年1月の「平成」への改元手続きを踏襲することを決めた。菅義偉官房長官が議長の「元号選定手続検討会議」を持ち回りで開いて決定し、この日の閣議で報告した。4月1日の新元号公表に向けた政府内の選定作業が本格化する。政府は、新元号の公表直前に、天皇陛下だけでなく皇太子さまにも新元号を報告することを検討中だ。

 検討会議は菅氏のほか、西村康稔、野上浩太郎、杉田和博の3官房副長官▽古谷一之官房副長官補▽横畠裕介…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです