メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

どうする外国人の医療? 未払い対策急務 多言語対応など整備へ=回答・熊谷豪

外国人患者を積極的に受け入れている国立国際医療研究センター病院の窓口=東京都新宿区で、熊谷豪撮影

 なるほドリ 東京五輪(ごりん)・パラリンピックも近付いてきて外国人観光客が増えているけど、けがや急病になる人もいるよね。

 記者 昨年の訪日外国人数は過去最多の3000万人超でした。医療機関にかかった人の国籍(こくせき)別の統計はありませんが、救急病院などへの厚生労働省の2015年度調査では、外来で80%、入院で59%の施設が外国人患者を受け入れていました。そんな中、患者と十分に意思疎通(いしそつう)できなかったり、医療費が未払いになったりする問題も起きています。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです