メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

どうする外国人の医療? 未払い対策急務 多言語対応など整備へ=回答・熊谷豪

外国人患者を積極的に受け入れている国立国際医療研究センター病院の窓口=東京都新宿区で、熊谷豪撮影

 なるほドリ 東京五輪(ごりん)・パラリンピックも近付いてきて外国人観光客が増えているけど、けがや急病になる人もいるよね。

 記者 昨年の訪日外国人数は過去最多の3000万人超でした。医療機関にかかった人の国籍(こくせき)別の統計はありませんが、救急病院などへの厚生労働省の2015年度調査では、外来で80%、入院で59%の施設が外国人患者を受け入れていました。そんな中、患者と十分に意思疎通(いしそつう)できなかったり、医療費が未払いになったりする問題も起きています。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです