メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「後退批判を甘受」 北方領土交渉で答弁

 安倍晋三首相は8日の衆院予算委員会で、北方領土問題を含む日露平和条約交渉で日本政府の姿勢が後退しているのではと問われ、「批判があることは分かる。それを甘受しても交渉を前に進めたい」と語った。「交渉がうまくいくかは静かに交渉できるかにかかっている」と、ロシア側を刺激しないよう慎重姿勢に徹していること…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです