メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工問題

日本、手詰まり 「追い込めば出口ない」

元徴用工判決を巡る日韓両国の主張

 日本政府が日韓請求権協定に基づいて要請した元徴用工らへの賠償問題を巡る政府間協議について、韓国政府は応じるかどうかを期限の8日までに回答しなかった。日本側は「次の一手」として、同協定に基づく仲裁委員会の設置を視野に入れるが、韓国側が設置に同意する見通しはない。日韓関係は好転の兆しが見えず、日本政府には手詰まり感も漂う。

 「韓国政府は、協定違反の状態を是正する措置をとっておらず、極めて深刻だ」。菅義偉官房長官は8日の記…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1419文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです