メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

少年法適用年齢引き下げ

吉開多一氏

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が2022年4月に施行されるのを見据え、少年法の適用年齢(20歳未満)も「18歳未満」とするか否かの議論が法制審議会(法相の諮問機関)の部会で進む。成人年齢に合わせるべきだとの意見がある一方、反対意見も根強い。どうあるべきか。

若年者処遇充実で対応を 吉開多一(よしかい・たいち) 国士舘大教授(刑事政策)

 少年法の適用年齢も18歳未満に引き下げられるべきだと考える。諸外国の少年法の適用年齢はそれぞれ異な…

この記事は有料記事です。

残り2593文字(全文2819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです