メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論点

少年法適用年齢引き下げ

吉開多一氏

 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が2022年4月に施行されるのを見据え、少年法の適用年齢(20歳未満)も「18歳未満」とするか否かの議論が法制審議会(法相の諮問機関)の部会で進む。成人年齢に合わせるべきだとの意見がある一方、反対意見も根強い。どうあるべきか。

若年者処遇充実で対応を 吉開多一(よしかい・たいち) 国士舘大教授(刑事政策)

 少年法の適用年齢も18歳未満に引き下げられるべきだと考える。諸外国の少年法の適用年齢はそれぞれ異な…

この記事は有料記事です。

残り2593文字(全文2819文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです