メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米民主党

「30年に温室ガスゼロ」 法案、党内左派に配慮

 【ワシントン高本耕太】米民主党は7日、革新的な気候変動対策をまとめた「グリーン・ニューディール法案」を発表した。化石燃料から再生可能エネルギーへの転換を進め、2030年までに温室効果ガス排出量ゼロを目指す極めて野心的な内容。昨年11月の米中間選挙で躍進した党内の進歩派・急進左派の要請を反映した形だが実現可能性は低く、党執行部によるガス抜きの側面も色濃い。

 同法案は中間選で女性史上最年少の29歳で初当選、国民皆保険や最低賃金引き上げを訴え「民主社会主義者…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文655文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. 韓国が和解案「条件付きで2国間協議」 日本は拒否 徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです