メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
米中首脳会談

日程で駆け引き トランプ氏、習氏と「月内ない」

 【ワシントン、北京・共同】トランプ米大統領は7日、貿易協議の決着を目指す米中首脳による会談を、交渉期限の3月1日までには開催しない意向を示した。知的財産権保護など中国の構造改革を巡る協議が難航し、首脳会談は時期尚早と判断したもようだ。

 米政権は期限内に合意できなければ、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)に対する追加関税率を10%から25%に引き上げる方針で、中国の譲歩を促す交渉戦術の側面もありそうだ。ただCNBCテレビは、首脳会談を期限が過ぎた後に開く見通しで、関税率は現状で据え置く可能…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです