メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
経済観測

伝統にもとづく農業改革=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 どうにもふに落ちないことがある。アベノミクスの「攻めの農林水産業」が、「担い手」への農地集積を2023年度までに8割にするという目標を掲げていることだ。

 「担い手」とは、市町村に認定された「認定農業者」など、政府が支援を集中する農業者のことで、いわば日本農業の将来を担う位置付けだ。確かに、農地面積に占める担い手の利用面積は、01年の27・8%から16年には52・3%と約半分を占めるようになった。しかし、11年に48・1%まで上昇した後の伸びは鈍い。認定農業者数は16年3月末で全国約25万経営体だが、ほぼ横ばいで推移しており、全体の農地面積が減少する中で、担い手の利用比率が上…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです