メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京大気汚染訴訟

ぜんそく治療費助成を 患者ら「全国一律」求め調停申請へ

 国などを相手に裁判を闘った東京大気汚染訴訟のぜんそく患者らが18日、全国一律の医療費助成を求めて、公害等調整委員会に公害調停を申し立てる。代理人の弁護士が8日に明らかにした。約12年前の和解で勝ち取った医療費の全額助成が縮小された問題があり、患者側は「完治する病気ではなく高額な治療費が継続的にかかる。助成がなければ安心して暮らせない」と訴えている。【松本惇】

 代理人の西村隆雄弁護士によると、全国公害患者の会連合会のほか、首都圏や愛知、大阪などに居住する患者…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです