メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

重要無形民俗文化財「会津の御田植祭」など3件

福島県会津地方の「会津の御田植祭」

 文化審議会は8日、独特のリズムで力強く太鼓を打ち鳴らす北九州市の「小倉祇園祭の小倉祇園太鼓」や、福島県会津地方に伝わる田植え行事「会津の御田植祭」など3件を重要無形民俗文化財に指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。3月に答申通り指定され、重要無形民俗文化財は312件となる。

 江戸時代から伝わる小倉祇園太鼓は、毎年7月に北九州市の八坂神社例大祭で演じられる。山車に載せた2台の太鼓を歩きながら打ち鳴らすのが特徴だ。御田植祭は、田の神を模したとされる人形を田んぼのあぜに立て、女性たちが田植えを行い豊作を祈願する。

 審議会は、かつて日本の養蚕業をけん引した福島県の伊達地方に伝わる道具類を集めた「伊達の蚕種製造およ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです