メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「カレンダー」記事に反響

読者から寄せられた余ったカレンダーの使いみち。はさみを入れてジグソーパズルにして遊ぶ

 1月12日のくらしナビ面に掲載された「カレンダーをいくつ使っていますか」(東京本社版)に、多くの反響が寄せられました。読者から寄せられた、余ったカレンダーの使いみちを尋ねるはがきがきっかけです。結果と妙案の数々を紹介します。

 ●「もったいない」

 はがきの主は福岡県久留米市の女性でした。「私の家はごく普通の家庭ですが8枚(個)ものカレンダーをいただきました。残ったカレンダーは皆さん、どうされていますか?」としたためてありました。読者から届いたはがきと手紙は35通、メールは43通の計78通にのぼり、余ったカレンダーが同封された手紙もありました。何事も「もったいない」と思う世代の心に響いたようです。

 このうち自宅で使われているカレンダーの最多個数は12個でした。5個使っている家庭が多かったです。部屋ごとに置いている人や、トイレを含めて全ての部屋に張っている人がいました。洗面所や車の運転席の前に名刺くらいの大きさのものを張ったり、こたつの天板に月ごとのものを張り付けて、上からビニールで覆って使ったりしている人も。使用個数の最少は1個でしたが、スマートフォンで予定管理ができる時代でも、紙のカレン…

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです