メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

サントリー文化財団が設立40周年 複数の目を合わせる

サントリー文化財団専務理事の尾崎勝吉氏(左)、同財団理事長の鳥井信吾・サントリーホールディングス副会長(中央)、同財団副理事長の鷲田清一・京都市立芸大学長=大阪市北区で1日

 サントリー文化財団が設立40周年を迎えた。学問のたこつぼ化や短期的な成果を求める風潮が広がる中、人文学、社会科学の領域で幅広く社会と文化を考える活動の顕彰や冒険的な研究への助成を展開。全国各地にある文化活動の振興にも力を入れてきた。財団副理事長の鷲田清一・京都市立芸大学長らが記者会見し、今後の活動などについて説明した。

 サントリー文化財団はサントリー創業80周年を記念し、初代理事長を務めた佐治敬三・同社2代目社長や劇…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文827文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです