メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アートの地平から

アジアの木版画の訴求力=住友文彦

タリン・パディ「環境破壊」2009年、福岡アジア美術館蔵

 2カ月程前に台湾を訪れたとき、あちこちで環境保全や先住民族差別などを扱う作品の展覧会を目にした。表現者も美術館も複雑な社会問題こそ芸術が向き合うべきだという姿勢が鮮明でおどろいた。いっぽうで日本では女性への差別が報道されても、他国ほど#MeToo運動の高まりは感じない。社会問題を風刺的に扱うバンクシーをめぐる騒動もどこか上滑り感がある。実際のところ、美術愛好家で社会問題を扱うことを毛嫌いする人は少なくない。美しいものを見ることで精神の平穏や、教養を得る。そうした鑑賞の仕方を理想と考えるからだろう。

 ここには同じ美術でも異なる捉え方が見いだせる。当館ではじまったアジアの木版画運動を紹介する展覧会に…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです