レオパレス21

施工不良 外壁に違法部材 コスト削減、組織的な不正か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たに判明した建築基準法の規定違反
新たに判明した建築基準法の規定違反

 賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京都中野区)の物件で施工不良が新たに見つかった問題で、同社が施工不良の物件で使用した外壁などの部材が、建築基準法で認められていないものだったことが国土交通省などへの取材で判明した。コスト削減のため耐火性に劣る違法な部材を使っていた可能性があり、業界では「組織的な不正」を指摘する声も出ている。

 同社はアパートの外壁の内部に使う部材について、自治体などにはガラスを溶かして繊維状にした「グラスウール」などを用いると申請していたが、実際には「発泡ウレタン」を用いていた。グラスウールは断熱性・耐火性が高く、建築基準法で使用が認められているが、発泡ウレタンは耐火性が劣り、外壁への使用は認められていない。

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2370文字)

あわせて読みたい

注目の特集