メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松田るか

“極道”役の苦労は… 「せりふは抵抗なかった」

映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」の公開記念舞台あいさつに登場した松田るかさん

 女優の松田るかさんが9日、東京都内で行われた映画「BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ-」(原桂之介監督)の公開記念舞台あいさつに登場した。中身は極道だが性転換と全身整形手術でアイドルとしてデビューしたマリを演じた松田さんは、劇中で極道として荒っぽい口調やアイドルらしからぬせりふなどを披露。役作りの苦労について聞かれ、「せりふに関してはあまり抵抗はなかったですね。松田るかが言っているわけじゃないし、(関係者の)大人たちがいいよって言っているからいいかなっと思って」と笑顔でさらりと語った。

 松田さんは、アイドルグループ「ゴクドルズ」としてのダンス練習が大変だったといい、撮影に入る前から同じ「ゴクドルズ」のメンバーを演じる岡本夏美さん、坂ノ上茜さんと練習していたと告白。「クリスマスイブも一緒にいましたよね。本当にダンス練習をしっかりやりましたね」と苦労を明かした。

 舞台あいさつには、岡本さん、坂ノ上さん、白洲迅さん、柾木玲弥さん、花沢将人さん、菅谷哲也さん、桜田通さん、原監督も出席した。

 映画はマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されたジャスミン・ギュさんのマンガが原作で、極道を貫いてきた3人の男が性転換と整形でアイドルとしてデビューする……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです