メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二ノ国

今夏に劇場版アニメ化 山崎賢人が声優初挑戦 「挑戦したい気持ちあった」

劇場版アニメ「二ノ国」の新プロジェクト製作発表会見に登場した山崎賢人さんと演じるキャラクターのユウ

 ゲーム「妖怪ウォッチ」や「レイトン教授」シリーズで知られるレベルファイブの人気ゲーム「二ノ国」が劇場版アニメ化され、2019年夏に公開されることが9日、明らかになった。俳優の山崎賢人さんが主人公のユウの声を担当する。山崎さんは声優初挑戦となる。

 「二ノ国」は、レベルファイブが手掛ける人気RPGのシリーズ。劇場版アニメは、現実(一ノ国)とは隣り合わせながら違う「二ノ国」を舞台に、高校生のユウと親友ハルは、幼なじみのコトナを巡る事件をきっかけに二つの世界を行き来する……というストーリー。製作総指揮と原案・脚本を同社の日野晃博社長が担当し、監督は百瀬義行さん、音楽は久石譲さんが手掛ける。OLMが製作する。

 同日、東京都内で開かれた新プロジェクト製作発表会見に登場した山崎さんは、オファーがあったときの心境について「まさか声優の仕事が、いただけるとは思っていなかったのですが、挑戦してみたい気持ちもあった。脚本も読ませていただきましたが、面白くて鳥肌が立った」と語った。

 また声優の仕事について「声優の小野友樹さんにお会いする機会があって、声優の仕事を聞いたときに、僕の見たことのない世界が広がっていてワクワクした。声優という仕事は本当に尊敬しています」と話した。

 山崎さんの起用は、主人公が振り幅の大きい役であり、若手俳優のナンバーワンという評価から決めたという。山崎さんへの期待について日野社長は「山崎賢人という俳優が好きで、演技力、魅力もそうですし、(主演ドラマの)『トドメの接吻(キス)』も拝見させてもらいました。ただ収録が楽しみ」と笑顔を見せた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです