メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤沙莉

主演起用理由は“声” 監督の告白に「この声でよかった」

オムニバス映画「21世紀の女の子」の劇場公開記念舞台あいさつに出席した伊藤沙莉さん

 女優の伊藤沙莉さんが9日、東京都内で開催されたオムニバス映画「21世紀の女の子」の劇場公開記念舞台あいさつに出席。短編の一つ「projection」で主演を務める伊藤さんは、金子由里奈監督から自身と声が似ているため起用したと聞かされ、「衝撃的でした。(撮影中は)『この声でよかった』と思う瞬間が多くてよかったです。なかなかないんですよ」と喜んでいた。

 「21世紀の女の子」は、山戸結希監督が企画・プロデュースを務め、自身を含めた1980年代後半から90年代生まれの新進映画監督15人が、“自分自身のセクシャリティーあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマに8分以内の短編で表現するオムニバス作品。

 舞台あいさつには山戸監督、黒川芽以さん、ふくだももこ監督も登壇した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  4. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです