メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中、貿易戦争の収束に向け北京で閣僚級協議

 【ワシントン中井正裕】米ホワイトハウスは8日、米中貿易戦争の収束に向けた閣僚級通商協議を14、15日に北京で開くと発表した。閣僚級協議に先立ち11日から次官級協議を開く。トランプ大統領は中国の習近平国家主席との首脳会談で最終合意するとの考えを示しており、3月1日の交渉期限が迫るなか、閣僚級協議で首脳会談開催に向けた筋道を付けられるかが焦点となる。

 1月末にワシントンで開かれた前回の閣僚級協議では、中国側が対米貿易黒字を解消するための米国産品の輸入拡大計画や知的財産保護の強化策を提示。一方、米側は、中国が国策として進めるハイテク産業育成策の抜本的見直しや、通商協議での合意事項の実施状況を検証する仕組みを求め、両者の主張には隔たりが残った。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです