メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガン和平合意 米特別代表「7月までが望ましい」

 【ニューデリー松井聡】内戦下のアフガニスタンで旧支配勢力タリバンと和平交渉を進めるトランプ米政権のハリルザド・アフガニスタン和平担当特別代表は8日、アフガン大統領選が実施される7月までに和平が合意されるのが望ましいとの考えを示した。

 米メディアによると、ハリルザド氏は首都ワシントンでの講演で、タリバンが国際テロ組織アルカイダなどに国土を使わせないことを条件に、駐留米軍を撤収させる方向で両者が大筋合意したと説明。一方で、「…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです