メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギョーザ購入額、宇都宮市また首位陥落 1年で浜松市が再逆転

JR宇都宮駅前で観光客を迎えるギョーザ像=宇都宮市のJR宇都宮駅で2018年1月30日午後3時6分、高橋隆輔撮影

 「ギョーザの街」を掲げる宇都宮市が、2018年の1世帯当たりの年間ギョーザ購入額で2年ぶりに浜松市に次ぐ2位となった。宇都宮市は3242円で前年の4258円から大きく減少したが、浜松市は3501円で前年とほぼ同額のため逆転された。3位は宮崎市で3107円。8日発表の総務省家計調査で明らかになった。

 市観光交流課の担当者は「購入額が落ち込んだ理由は分からないが、3、4、12月の購入額が伸び悩み…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです