メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の健康診断「費用対効果」に疑問 OECDが見直し提言

 経済協力開発機構(OECD)は7日までに、日本人は健康診断を受ける機会が多いが、本当に費用に見合う効果的なものなのか、項目や頻度を削減する余地はないのか見直すべきだとの提言をまとめた。一方で、日本ではまだ喫煙率が高いことや、女性の飲酒量が増えていることに懸念を示し、健診に偏ることなく病気予防のための包括的な政策を取るべきだと指摘した。

     日本の健診は無駄な検査や不要なエックス線被ばくなどが生じている可能性があり、報告書は「健診を提供する側、お金を出す立場、受ける人も含めて必要性を検討してはどうか」と提案した。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
    3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
    5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです