流氷にイルカ挟まれ集団座礁 9頭犠牲 急な南下で逃げ遅れ?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
流氷と岸の間に追い込まれて身動きが取れなくなったイシイルカ=北海道羅臼町で2019年2月8日午前10時24分、桜井憲二さん撮影
流氷と岸の間に追い込まれて身動きが取れなくなったイシイルカ=北海道羅臼町で2019年2月8日午前10時24分、桜井憲二さん撮影

 北海道羅臼町の海岸で、イシイルカが流氷と岩礁に挟まれて集団で座礁し、8日に確認されただけで9頭が犠牲になっていた。イルカによる同様の集団座礁は珍しく、オホーツク海から南下してきた流氷の急な動きから逃げきれなかったとみられる。

 現場は知床半島南側にある羅臼町中心部から約10キロの場所。救助に当たった自営業、桜井憲二さん(55)によると7日昼ごろ、現場近くに流氷が接…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

注目の特集