メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カカオの涙」に思いを…産地の児童労働や貧困 パティシエらが支援の輪

2015年にマダガスカルのカカオ豆農園を訪れ、農家の人々と交流を深める田中千尋さん(右から2人目)=田中さん提供

 2月14日のバレンタインデーを前に、チョコレートの需要が高まっている。そんな中、原料となるカカオ豆の生産地が抱える貧困や児童労働などの問題を知ってもらおうと、パティシエや非政府組織(NGO)が声を上げている。

 「一粒のチョコにカカオ産地の努力がたくさん詰まっていることを想像しながら味わってほしい」。名古屋市の洋菓子店「カフェタナカ」のパティシエ、田中千尋さんはそんな思いから、店頭ではカカオ豆の特徴や産地の現状を説明するようにしている。

 カカオ豆の多くは西アフリカや南米など赤道付近の、インフラも整わない発展途上国で生産されている。農家…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1031文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです