「あん」の色の正体を解明 「より美しい色」にも期待 名大研究チーム

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
研究により色素が判明した赤小豆=名古屋大・吉田久美教授提供
研究により色素が判明した赤小豆=名古屋大・吉田久美教授提供

 伊勢名物「赤福餅」などに使われている赤小豆を原料にしたあんの色の正体を、名古屋大の吉田久美教授(天然物化学)らの研究チームが突き止めた。赤小豆の種皮から、新発見となる紫色の色素を取り出す事に成功した。吉田教授は「高級なあんほど紫色とされている。これまで職人の技と勘に頼ってきた加工法が科学的に解明できれば、より美しい色が出せるかもしれない」と話している。

 赤小豆は、和菓子やあんパンなどのあんの原料に使用されている身近な食材。赤小豆の色素はこれまで、同じ豆類の黒大豆や金時豆などに含まれるアントシアニンだとされてきた。しかしチームの研究で、赤小豆にはアントシアニンがほとんど含まれないことが分かり、紫色の正体は謎だった。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集