メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

子どもたちの暮らしから垣間見た世界の「今」

小島祥美さんが25年前、埼玉県八潮市の小学校で担当した外国籍の児童たち=奥山はるな撮影

 愛知淑徳大(名古屋市)にある小島祥美准教授(45)の研究室には、これまで関わってきた外国籍の子どもの写真が何枚も飾られている。中でも古いのは、25年前に小学校の教員をしていた時、ベトナムから逃れてきた「ボートピープル」の3人の姉弟と撮影した1枚だ。

 短大卒業後の1994年、20歳で埼玉県八潮市の小学校に赴任し、3人に出会った。ベトナム戦争後の社会の混乱を逃れるために、両親は小さなボートでの出国を決意したという。

 小島さんは「ボートピープル」が存在することに驚いた。家庭訪問で話を聞くと、ヨーロッパに逃げた親戚が…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文896文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです