メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク甲斐 打撃でも「キャノン」を 指導に王球団会長も

ソフトバンクの工藤監督や王球団会長(右から2人目)から打撃指導を受ける甲斐(左から2人目)=宮崎市で2019年2月9日、吉見裕都撮影

 約30分の特打の後、ソフトバンク工藤監督に立花、関川両打撃コーチ、さらには王球団会長まで加わって20分にわたる打撃指導を受けた。昨年の日本シリーズでは、「甲斐キャノン」と呼ばれた強肩で広島に盗塁を許さず日本一に貢献。最高殊勲選手に輝くなどブレークしたが、シーズン打率は2割1分3厘に終わった。打撃でも貢献してもらおうとチームも全力でバックアップしている。

 打撃指導後も、自ら打撃投手を買って出た工藤監督が投じる緩いボールを打ち続けること1時間。テーマは「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです