メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

暮らし 水道の民営化 改革になるのかな

水道が使えず、水をくむため井戸に集まる子供たち=マニラ首都圏郊外で井田純撮影

[PR]

山本やまもと紀子のりこ 毎日新聞まいにちしんぶん 生活報道部長せいかつほうどうぶちょう

 よごれたいけから毎日まいにちみずはこんでいるどもたちが、アフリカにいることをっていますか。じゃぐちからきれいなみずがあふれてくる日本にっぽんは、しあわせなくに安心あんしんしてめるみず提供ていきょうしているのは、まちといった自治体じちたいです。

     自治体じちたいかわからみずき、浄水場じょうすいじょうみずをきれいにして、配水はいすいかんをはりめぐらせてかく家庭かていとどけています。お役所やくしょがやってきた「公営こうえい」の仕事しごとを、企業きぎょうまかせて「民営化みんえいか」しやすくなる法律ほうりつさくねんまつ国会こっかいとおりました。

     理由りゆうは、人口じんこうげんなどでこれまでどお事業じぎょうつづけるのがむずかしくなったためです。住民じゅうみんって水道すいどう使つかひとると水道すいどう料金りょうきんげなくてはなりませんが、料金りょうきん計算けいさんなおしたり、住民じゅうみん値上ねあげをらせたりが大変たいへんです。ふるくなった配水はいすいかんあたらしいものにえなくてはいけません。水道すいどうかれて50ねん以上いじょうたつ自治体じちたいもあり、東日本大震災ひがしにほんだいしんさいではふるかんからみずれて水道すいどうまり、おおくの家庭かてい苦労くろうしました。でもかん交換こうかんにはおかねがかかりおくれていて、いまのスピードだとすべてえるのに130ねんもかかるそうです。

     民間みんかん水道すいどうビジネスをまかせれば、コストをらしながら効率こうりつよく改革かいかくすすめてくれる、とくにかんがえたのです。でも本当ほんとうにそうなのでしょうか。

     1997ねん水道すいどう民営みんえいされたフィリピンのマニラでは、水道すいどう料金りょうきんがどんどんがりました。断水だんすいすることもあり、みずるのは1にち時間じかんだけというも。どもたちは仕方しかたなく、井戸いどならんでみずをくんだそうです。またみなみアメリカのボリビアでは、アメリカの企業きぎょう水道すいどう事業じぎょうまかせたところ、料金りょうきんばい以上いじょうに。反対はんたいデモをした市民しみん軍隊ぐんたい出動しゅつどうし、200にんちか死者ししゃとけがにんました。こんなさわぎもあって、民営みんえいしたのち公営こうえいもど都市としは、235かしょにものぼるといわれています。

     あなたのまちでは、水道すいどう事業じぎょうはどうなっていますか。配水はいすいかんふるさや値上ねあげが、問題もんだいになっているかもしれませんね……。


     ものやファッション、子育こそだて、介護かいご担当たんとう教育きょういく担当たんとうときは、各地かくち小中学校しょうちゅうがっこうどもや先生せんせい取材しゅざい趣味しゅみ黒人演奏者こくじんえんそうしゃのジャズをくこと。苦手にがてはスマホ操作そうさ。1966年東京都生ねんとうきょうとうまれ。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

    5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです