メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポットの中は今…

アメリカの介護士の現状(3)不法移民なしでは成り立たない社会構造

「介護士の仕事に誇りを持っている」と話すテリー=ロサンゼルスで2018年11月

 私は現在、フルブライト奨学金のジャーナリストプログラムで南カリフォルニア大学に在籍し、移民の家事労働者の研究をしています。家事・育児を家族以外の人が担うことが、これまで家事労働の主な担い手となってきた女性の生き方にどのように影響しているかを研究しています。アメリカでは多くの移民が家事労働に関する仕事をしているので、移民の方のそれぞれのストーリーを聞く日々です。研究の意義・目的は多岐にわたります。キーワードを挙げるとすれば、▽移民▽家事▽育児▽介護▽高齢化社会▽ケアサービス▽女性▽未来の働き方――といったところでしょうか。

 今回は、アメリカで在宅介護を担う移民介護士に関する3回目のリポートです。これまでロサンゼルスで取材したフィリピン人介護士のそれぞれのストーリーは、重なる部分があっても、一つとして同じものがありませんでした。同じ「移民介護士」というテーマですが、今回は、「不法移民」の介護士だったテリーのストーリーです。

この記事は有料記事です。

残り2265文字(全文2681文字)

石山絵歩

外信部記者。1984年生まれ、2008年に毎日新聞社入社。岐阜・愛知県警、東京地検担当を経て、東京地・高裁で刑事裁判を担当。事件取材の傍らで、経済連携協定(EPA)によって来日したフィリピン・インドネシアからの看護師、介護士候補生などを取材。18年9月~19年5月、フルブライト奨学金ジャーナリストプログラムでUSCに在籍し、家事労働者について研究。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです