メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ホンダN-BOX以前にもあった! ライバル不在の圧倒的一人勝ちクルマ4選

情報提供:カートップ

ホンダN-BOX以前にもあった! ライバル不在の圧倒的一人勝ちクルマ4選

オリジナリティ溢れるコンセプトで一時的な独占に成功!

 2代目へとフルモデルチェンジを果たしてもなお、その勢いが衰えることを知らないホンダN-BOX。軽乗用車のスーパーハイトタイプというジャンルで括れば他メーカーからも同様のコンセプトの車両は存在しているものの、その圧倒的な商品力で事実上はライバル不在といっても差し障りない状況だ。

 じつはこういった状況は過去にも存在し、有力なライバル車種が登場するまでは一人勝ち状態だったモデルも存在している。そこで今回は、一人勝ち状態となったことがある車種をいくつかピックアップしよう。

1)日産・エルグランド(初代)

 まだ、3列シートミニバンは多人数乗車をするレクリエーションビークルという側面が強かった90年代に、「高級車ミニバン」という新ジャンルを不動のものにしたのが1997年に登場した初代エルグランドだろう。

ライバル不在

 日産自体はそれ以前にもキャラバンのロイヤルや、3代目となるW30型ラルゴなど、いち早くミニバンに高級車の手法を取り入れてきていたが、それが結実したのがエルグランドなのだ。搭載エンジンもガソリンエンジンは全てV6エンジンとなっており、本革シートやオートスライドドア、電子制御式サスペンションなどが上級グレードにはおごられていた。

ライバル不在

 ライバルのトヨタもグランビア4兄弟などで対抗したが及ばず、2002年のアルファード登場までは一人勝ち状態だったのである。

2)ホンダ・ストリーム(初代)

 それまでレクリエーションビークルを持たなかったホンダが1994年にアコードをベースに造り上げた初代オデッセイ。オデッセイ自体も一人勝ち状態を勝ち取った車種であったが、そのコンセプトを5ナンバーサイズに落とし込んだストリームもまた一人勝ち状態となった車種と言えるだろう。

ライバル不在

 シビック系のシャシーを流用して誕生したストリームは、その取り回しのよさといざという時に7名乗車ができる点、そしてホンダらしいスポーティな走りが人気を博し、発売からわずか10カ月で販売台数10万台を達成している。

ライバル不在

 しかし、まったく同様のコンセプトを持ったトヨタ・ウイッシュが登場すると、販売力で上回るトヨタに水を開けられ、フルモデルチェンジ後もかつての勢いを取り戻すことはできなかった。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです