メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

走りのSTIがハイブリッド車をも変身! WRX STIのシステムを採用したフォレスターの衝撃[大阪オートメッセ2019]

情報提供:カートップ

走りのSTIがハイブリッド車をも変身! WRX STIのシステムを採用したフォレスターの衝撃【大阪オートメッセ2019】

車高を20mm下げて走り系のイメージに

 これまで、レヴォーグ、BRZ、S4というラインアップを揃えてきたSTI Sport。そのSTI Sportをいまのスバルの中心的車種になっているSUVにも広げるプランがあり、SUVのなかでもとくに人気の高いフォレスターのスポーツカスタムを提案する一台として大阪オートメッセ2019に持ち込まれたのが、この「フォレスターAdvanced Sport CONCEPT」。

フォレスター

 ダイレクトに、「STI Sport」というネーミングにはなってはいないが、ハイブリッドのe-BOXERを搭載したフォレスター Advanceをベースに、スポーツテイストを前面に打ち出すカタチで仕立ててきて、多くのフォレスターユーザーから、熱い視線を集めていた。

フォレスター

 気になるのは、まずボディカラー。カタログモデルには設定されていない「ファイターグレー」という非常に深みのあるグレーで、フォレスターにはピッタリマッチ!

フォレスター

 足まわりはけっこう凝っていて、19インチのハブやブレーキシステムを、WRX STIからごっそり移植。フロントブレーキには、ブレンボの6ポッドのモノブロックキャリパーを投入し、ストッピングパワーを強化。

フォレスター

 19インチホイールと19インチのサマータイヤを履き、車高も20ミリほどローダウン。SUVのフォレスターの車高を下げることで、安定性を高め、ルックス面も含め、よりオンロード指向に振ったフォレスターのあり方を提案している。

フォレスター

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです