メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ソウルフード

幻の「かきあめ」復活 珈琲工房社長が再現 震災で絶えた味、3年かけ完成 石巻 /宮城

 濃厚なカキのエキスが甘さの中に絶妙に溶ける石巻市民のソウルフード「かきあめ」。東日本大震災により販売が途絶えていたが、昨年末に復活し、人気を集めている。思い出の味を再現した珈琲工房いしかわ(石巻市)の石川光晴社長(63)は「震災前と同じように石巻の名物にしていきたい」と意気込む。【本橋敦子】

 かきあめは大正時代初期、市内にあった「福田屋製菓」が初めて売り出した。カキ殻を模した楕円(だえん)形のフォルムに、ほんのり鼻孔をくすぐる磯の香り。カキの風味を感じられるあまじょっぱい菓子は、石巻市民が子どもの頃から親しんでいる味だった。

 だが、震災の津波で当時の販売元だった「喜栄(きえい)」の製造工場が被災。かきあめのレシピやカキ殻の…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文789文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです