メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模大堰新道路計画

水道企業団が難色 「通行止め多発」 /神奈川

 相模川にある県内広域水道企業団の取水施設・相模大堰(おおぜき)(厚木市岡田-海老名市社家)に新しい道路(仮称・相模新橋)を併設する県の計画について、道路が開通しても施設の維持管理作業のため多くの日数で通行止めの措置をとる必要があるとして、企業団が難色を示していることが分かった。河川生態系の保全を求めてきた自然保護グループ「相模川キャンプインシンポジウム」の岡田一慶代表の情報公開請求で判明した。

 開示されたのは昨年8月と9月に各1回開かれた企業団と県の調整会議の議事録。8月の議事録によると、企…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文771文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです