メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019知事選

杉本氏「支持」を再考か 県議選巡り県連に 西川氏派の公認求める 自民本部 /福井

(左)県政報告会の後、来場者と握手を交わす西川一誠氏=福井県高浜町で、(右)知名度アップに向け、支持者らと拳をつき上げる杉本達治氏=福井県あわら市で、いずれも大森治幸撮影

 保守分裂含みとなっている今春の知事選を巡り、自民党県連が推す杉本達治氏(56)に対抗し、現職の西川一誠氏(74)を支持している党所属の県議に対して、県議選での公認を出すよう党本部が県連に求めていることが分かった。杉本氏の扱いをめぐる6日の協議で県連側に伝えたとみられる。知事選で党本部は杉本氏を「支持」にとどめる方向だが、県連の県議選での公認の判断を見ながら再考する意向だ。これに対し、県連は14日に執行部会を開いて協議する方針。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです