メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

荒れ地を畑に学生と再生 春野の耕作放棄地を耕す 伊沢光興さん(35) /静岡

 浜松市天竜区の春野地区。山あいの畑の間に所々、冬でも深緑色の葉を付け、180センチほどの高さに育った植物が生い茂っていた。「茶畑を放っとくと、こんなふうになるんだよ」。静岡文化芸術大の学生と一緒に、茶の木の幹に「抜根機(ばっこんき)」と呼ばれる器具のワイヤをくくりつけた。2~3人で力いっぱい引っ張ると、深さ約1メートルの根を張った木が抜けた。

 農業を営む祖父や父を見て、子どもの頃から「春野のためになる仕事がしたい」と考えていた。野球少年で「…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです