メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

佐竹ガラス(和泉市) 輝く伝統、次世代へ /大阪

熱したガラスを棒状に伸ばす職人=大阪府和泉市の佐竹ガラスで、猪飼健史撮影

 薄暗い作業場で熱されたガラスがあめのように伸びると、窓から差し込む光できらりと光った。「佐竹ガラス」(和泉市)は国内で唯一、戦前から続く工芸用色ガラス棒メーカーだ。職人の手作業でカラフルなガラス棒が生み出されている。

 創業は1927(昭和2)年。色ガラス棒はアクセサリーなどのガラス細工の材料で、同社は160色以上を扱う。「珪砂(けいしゃ)」などの原料や着色のための原料を1100~1300度の炉で溶かして成形。塊を職人が歩きながら鉛筆大に細く伸ばしていく。熟練の職人なら20メートルにもするという。佐竹保彦社長(…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです