メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日曜エッセー

白築純のココカラこれから 音楽は祈り /島根

吾想い祈りくるる人多く在り愛の力に生気漲る 短歌・白築純 撮影・Ken.Funatsu

 先日1月23日に私のアルバム「Players prays」がリリースとなった。これは2016年夏に直腸がんステージ3の宣告を受け、翌年夏に肺転移が判明した私を励ます為(ため)、東京の私に縁のあるミュージシャン達(たち)が手弁当で集結しレコーディングされた作品達だ。

 人気フュージョンバンド、Tスクエアの元メンバーで日本を代表するピアニストの松本圭司氏が発起人となり、豪華なメンバーが私の病を気遣い祈りを込めて素晴らしいプレイをして下さった。

 肺転移が判(わか)った時、松本氏はすぐ「何か僕に出来ることありますか?」とメッセージを下さった。彼とはその前のアルバムで共演したのがきっかけで親しくさせて頂いて来たが、そんな超売れっ子ピアニストに私の病気ごときでご迷惑をおかけするなんざ、申し訳ないので、「その気持ちだけで充分(じゅうぶん)!」と返信した。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです