メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県人口

1年間で5869人減少 出生数は過去最低6974人 18年 /香川

 県は2018年の人口移動調査結果をまとめた。人口は1年間で5869人減り、19年連続の減少。出生数は1954年以降で初めて、7000人を割り込んだ。65歳以上の高齢者が占める割合は31・5%(全国平均28・1%)となり、過去最高を更新した。

 県統計調査課によると、昨年10月1日現在の県内人口は国勢調査を基にした推計で96万1900人。75年とほぼ同じ水準だが、この時の高齢者の割合は10・5%で、昨年の3分の1だった。15歳未満の子どもの割合も22・2%と昨年より9・7ポイント高…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです