メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

浦島太郎伝説に登場する亀のモデルは…

[PR]

 浦島太郎伝説に登場する亀のモデルはアカウミガメではないか、といわれる。北太平洋で日本は唯一の産卵地で、古来、人々に親しまれてきた。行動範囲は広く、一部は太平洋を横断している。メキシコ沖で9年前に標識をつけられた個体が昨夏、高知県・室戸岬沖で確認された▲そのアカウミガメに警告信号が点灯している。ウミガメの保護と研究に取り組む「日本ウミガメ協議会」の松沢慶将(よしまさ)会長によると、全国の観測ポイントで昨年までに確認できた産卵回数はここ5年間で約8割も減ってしまったという▲徳島県美波(みなみ)町の大浜海岸の場合、昨年の産卵回数はゼロだった。かつては年間300匹が上陸した産卵場として知られ、国の天然記念物に指定されている地域だ▲松沢さんによると、日本で生まれたメスガメの回帰率は他の地域に比べ、半分程度にとどまる。産卵回数は近年やや持ち直していただけに、8割とは気がかりな急落である▲原因ははっきりしないが、研究者らが懸念しているのが密漁の影響だ。昨秋、中国浙江省で密売グループが摘発された。その際、100匹近くものアカウミガメがみつかり、そのうち2匹に鹿児島県・屋久島でつけた標識があった▲アカウミガメをめぐっては、生態研究で米国やメキシコの関係者との国際協力が進み、太平洋横断が確認されたのもその成果のひとつだった。産卵地の砂浜を保全するとともに、国際的な保護活動の先頭に立っていくことが、亀を助けた浦島の国の役割であろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです