メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

民主政治の危機 市民は「当事者」自覚を=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=太田康男撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 世界各地で民主政治の危機が叫ばれている。そして、その背景として社会的、経済的格差の拡大や、グローバリゼーションへの反動、ネット社会における浮動的な政治集団の影響などが指摘されている。

 数十年前、国連総会で国際人権規約が論議された際、ソ連を中心とする社会主義国のいくつかが「民主的社会」という言葉に代えて、「民主的国家」の実現という表現を主張したことを想起せねばなるまい。「西側のいわゆる民主的社会は実態はブルジョア階級が作り上げたもので、そこでは人民の真の権利と平等が実現されていない」という主張であった。もとより、この主張の全てを是認はできない。しかし、「国民全体が『政府は自分が選んで作ったものだ』と思えるような国家でなければ、真の民主政治が成り立たない」という点は正しい。言い換えれば、政府、政権に対する国民の当事者意識である。

 かつて、あるフランスの知識人と大学の自治について議論した際、「フランスの大学のほとんどは政府に人事…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです