メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

民主政治の危機 市民は「当事者」自覚を=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=太田康男撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 世界各地で民主政治の危機が叫ばれている。そして、その背景として社会的、経済的格差の拡大や、グローバリゼーションへの反動、ネット社会における浮動的な政治集団の影響などが指摘されている。

 数十年前、国連総会で国際人権規約が論議された際、ソ連を中心とする社会主義国のいくつかが「民主的社会」という言葉に代えて、「民主的国家」の実現という表現を主張したことを想起せねばなるまい。「西側のいわゆる民主的社会は実態はブルジョア階級が作り上げたもので、そこでは人民の真の権利と平等が実現されていない」という主張であった。もとより、この主張の全てを是認はできない。しかし、「国民全体が『政府は自分が選んで作ったものだ』と思えるような国家でなければ、真の民主政治が成り立たない」という点は正しい。言い換えれば、政府、政権に対する国民の当事者意識である。

 かつて、あるフランスの知識人と大学の自治について議論した際、「フランスの大学のほとんどは政府に人事…

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1756文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです