メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

核燃再処理施設 審査大詰め=回答・鈴木理之、岩間理紀

 原発の燃料を有効利用する「核燃料(かくねんりょう)サイクル」の中核施設、日本原燃の使用済み核燃料再処理(さいしょり)工場や燃料加工工場(青森県六ケ所村)の安全審査(しんさ)が大詰めを迎えています。さまざまな面で行き詰まっているサイクルの現状を、工場の役割とともにまとめました。

 ◆「サイクル」って何するの?

 なるほドリ 核燃料サイクルって何をするの?

 記者 原発では、放射性(ほうしゃせい)物質のウランを加工した燃料を使います。その使用済み核燃料を工場で再処理して、残ったウランと新たに発生する放射性物質のプルトニウムを取り出し、加工して、再び燃料として利用するのです。図にするとぐるぐる回る「サイクル」に見え、こう呼ばれます。

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです