特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 豊島将之王位-広瀬章人竜王 第33局の6

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

豊島、初黒星

 8一か、8二か。検討陣は飛車の打ち場を比較していたが、豊島は[先]2三銀と打って二手スキをかけた。次に[先]3二飛[後]4一玉[先]6二飛成で必至だ。代えて[先]8一飛は[後]3二玉に[先]4四歩と攻め合うのが一例だが、豊島はそこで[後]3九飛と打たれるのを気にした。

 広瀬の瞳が盤上を駆け巡る。[後]5九飛と王手で打ち下ろし「よくなったと思った」と広瀬。読みを確認するように小刻みに揺れる。午後8時を回った。[後]5九飛に(1)[先]8八玉は[後]7九角[先]7八玉[後]4七歩、(2)[先]6九飛と合わせるのは[後]同飛成[先]同玉に[後]3九馬や[後]8六歩があり、いずれも先手がしのぎきれない。豊島は42分の考慮で[先]7八玉と立ったが「ここではもうまずいかもしれない」とつぶやく。後手玉に詰めろをかけ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文907文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集