メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覇権を目指して

イラン革命から40年/上 シーア派支援で影響力 イラン「カネ・人」を投資

 「イランはベイルート(レバノン)、ダマスカス(シリア)、バグダッド(イラク)、サヌア(イエメン)の四つの首都を支配している」。米中央情報局(CIA)長官などを歴任したヘイデン氏は、イランの中東での勢力伸長ぶりをこう指摘する。

 イラン革命を率いたホメイニ師は国境を超えたイスラム共同体の構築を唱えた。革命から3年後の1982年、イランはレバノンでイスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ」の設立を支援した。

 追い風となったのは2003年のイラク戦争だ。敵対していたイラクのスンニ派のフセイン政権が米軍の攻撃で崩壊。以後、イラクはシーア派が政権を主導するようになり、イランが影響力を行使する環境が整った。

この記事は有料記事です。

残り1948文字(全文2247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです