メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覇権を目指して

イラン革命から40年/上 シーア派支援で影響力 イラン「カネ・人」を投資

 「イランはベイルート(レバノン)、ダマスカス(シリア)、バグダッド(イラク)、サヌア(イエメン)の四つの首都を支配している」。米中央情報局(CIA)長官などを歴任したヘイデン氏は、イランの中東での勢力伸長ぶりをこう指摘する。

 イラン革命を率いたホメイニ師は国境を超えたイスラム共同体の構築を唱えた。革命から3年後の1982年、イランはレバノンでイスラム教シーア派武装組織「ヒズボラ」の設立を支援した。

 追い風となったのは2003年のイラク戦争だ。敵対していたイラクのスンニ派のフセイン政権が米軍の攻撃…

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです