メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

熱烈ペットブーム 市場規模2.8兆円超 日本にも商機

高価格の犬や猫が並ぶペットショップ。売り場には日本メーカーのペットグッズも多い=北京市内で、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】中国がペットブームに沸いている。市民の所得向上に加え、2015年まで続いた「一人っ子政策」の影響で兄弟・姉妹がいない我が子に友達代わりにペットを贈るケースも多いという。市場規模は1700億元(約2・8兆円)を超え、日本企業にとっても大きな商機となっている。

 北京を代表する繁華街・三里屯。ブランドショップなどが乱立する若者街でペットショップのオープンが相次いでいる。オープンしたばかりという1店を訪ねると、店内には血統書付きの子犬や子猫がずらり。ペット専門の美容院も併設しており、この日も小型犬がトリミングの真っ最中だった。トリミング料は小型犬で約300元(約4900円)、大型犬は約900元もするが、店員は「ペットを可愛がっている人は、あまり料金にこだわりません」。

 中国国営新華社通信によると、中国ではペットを飼っている家庭が年8%前後の勢いで増加し、犬・猫の飼い主がペット1匹当たりに充てる年間金額は5000元を超える。中国でペットブームが始まったのは、経済が成熟し始めた10年ほど前。愛犬を散歩させる市民の姿も珍しくなくなったが、ペットを保有する家庭の割合は10%弱とまだ低い。独市場調査会社GfKによると、米国の保有率は70%、日本も30%を超え、中国市場の…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです