メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 IWC、日本はなぜ脱退?=回答・加藤明子

「捕鯨・反捕鯨の共存困難」 「一時停止」解除されず

 なるほドリーマン君 日本がIWCを脱退すると聞いたけど、IWCって何?

 記者 国際捕鯨委員会(International Whaling Commission)のことですね。クジラの資源管理を担う国際機関です。1948年、南極海でクジラを捕獲する米国、旧ソ連、豪州、ブラジルなど15カ国で発足し、日本は51年に加盟しました。乱獲しないよう互いに監視するため、捕獲枠などを話し合って決めていました。ところが、鯨油を利用しなくなった米国などが捕鯨に反対するようになり、82年に商業捕鯨のモラトリアム(一時停止)を採択しました。当時は90年までにクジラが絶滅しないように包括的な資源評価を行った上でモラトリアムを解除し、捕獲枠を決める約束でした。

この記事は有料記事です。

残り1335文字(全文1681文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです