メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

斉藤仁さんの息子 重量級復活へ(その2止) 柔道2代、頂への道

昨年11月の講道館杯100キロ超級に出場した斉藤立(右)。腰を痛めたこともあり、初戦敗退となったが、相手を射抜くような鋭い眼光は五輪2連覇した父の仁さん譲りだ=千葉ポートアリーナで、宮間俊樹撮影

 

 ◆五輪連覇の父を追い

死の前日「稽古行け」

 病室には穏やかな冬の午後の日が差し込んでいた。2015年1月19日、柔道で五輪2連覇の実績を持つ斉藤仁(ひとし)さんは東大阪市内の入院先で容体を悪化させていた。全日本柔道連盟(全柔連)の強化委員長として奔走中の13年冬に見つかった肝内胆管(かんないたんかん)がんの治療を続けていたが、予断を許さない状況となっていた。

 当時12歳、中学1年生だった立(たつる)(16)は柔道部の稽古(けいこ)の前に病院に寄った。やせ細…

この記事は有料記事です。

残り4895文字(全文5127文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです