メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

大竹文雄・評 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』=ハンス・ロスリングほか著、上杉周作ほか訳

 (日経BP社・1944円)

多くの体験踏まえ強い説得力

 私たちは、昔の知識や思い込みに基づいて意思決定をしていることが多い。大学改革の議論を聞いていても、30年も前に卒業した大学での自分の経験をもとに、今の大学について意見を言う人がいる。世界の動きについても、子供の頃に習った知識やマスコミ報道だけで世の中の動きを理解している人が多い。その結果、無意味な政策や誤った経営戦略が採用されることになる。

〓自分の知識に自信あるという人は、本書の冒頭にあるクイズの一部に答えてほしい。「世界の人口のうち、極…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1421文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです